過労死防止学会

Japan Society for Karoshi Research

過労死防止学会第4回大会プログラム(確定版)

過労死防止学会第4回大会は、2018年6月2日(土)~3日(日)、北海学園大学7号館(JR札幌駅から地下鉄東豊線3駅目、約10分)で開催されます。このほどプログラムがまとまりましたのでお知らせします。季候が良い初夏の札幌である本大会にご参加いただき、ついでに観光を楽しまれることをお勧めします。本大会には中国から15名、韓国から9名の参加申し込みがありました。

4月6日、学会事務局より大会案内とプログラムを全会員に郵送しました。

      過労死防止学会第4回大会プログラム(敬称略)

6月2日(土)13時~17時「日中韓・過労死防止国際シンポジウム」(通訳あり)
司会: 竹信三恵子(和光大学教授)、スコット・ノース(大阪大学教授)

中国:楊 河清 首都経済貿易大学教授、中国適度労働学会会長
「中国過労問題研究の現状」
韓国:イム・サンヒョク 医師、労働環境健康研究所所長
「韓国で始まった過労死防止運動」
日本:松丸 正 過労死弁護団全国連絡会議代表幹事
「過労死110番の30年と今後の課題」

6月3日(日)9時~12時 分科会

第1分科会 建設関連産業の就業実態と過労死  司会:岩城 穣(弁護士)
松浦洋一郎 明治大学大学院経営学研究科院生・社会保険労務士
「建設労働者の社会保険未加入を端緒とする不安定就業の考察」(仮題)
中澤 誠 東京新聞記者
「2020東京オリンピックと建設業界」(仮題)
石川啓雅 公益財団法人政治経済研究所
「専門的技術的職種の労働時間――“働き方改革”の行方を考える」

第2分科会 医療現場の長時間労働と働き方 司会:粥川裕平(精神科医)
中原のり子 東京家族の会
「夫(小児科医師・中原利郎)の過労自殺について」(仮題)
大利英昭 東京都庁職員労働組合病院支部
「PNS(Partnership Nursing System)と時間外労働」
田村 修 勤医協中央病院(札幌)精神科・リエゾン科医師
吉岡愛未 勤医協中央病院(札幌)臨床心理士
「新人看護師サポートプログラム9年間のまとめ」

第3分科会 教員の「働き方改革」の取り組みと課題 司会:前川珠子(宮城家族の会)
工藤祥子 神奈川家族の会
「教職員の“働き方改革”への取り組み報告と現状」
尾崎正典 静岡家族の会
「尾崎裁判、判決文における、うつ発症の受傷時期と今後の同種災害発生回避の対策への提言」
大西正和 神奈川家族の会
「教員の職場環境変革への課題と戦略~娘の生死との葛藤から提言」

第4分科会 裁量労働制と長時間労働の実態 司会:松浦章(兵庫県立大学客員研究員)
今野晴貴 NPO法人POSSE代表
「裁量労働制における紛争過程 法律上の「グレーゾーン」をめぐる諸実践を中心に」
三家本里美 一橋大学博士課程・修了見込み
「企画業務型裁量労働制の導入・運用をめぐる労使関係」
塩見卓也 弁護士
「裁量労働制をめぐる論点と裁判例」
青木耕太郎 裁量労働制ユニオン *加えて、匿名で当事者の労働者
「裁量労働制ユニオンの取り組み」

第5分科会 職場のハラスメントと過労の実態 司会:寺西笑子(全国家族の会代表)
奥田雅治 MBSディレクター、『焼身自殺の闇と真相』(桜井書店、2018)の著者
「市バス運転手の焼身自殺と公務災害認定」
前田和美・西垣迪世 兵庫家族の会
「神戸製菓会社20歳青年パワハラ自死事件」(共同報告)
色部 祐 いの健東京センター
「自験例を通して過労死及び精神障害認定基準の改定への検討」
坂口真澄 キャビンクループロジェクト、研究者
「増加する航空機客室乗務員の在職死亡と、その過労の実態」(仮題)

第6分科会 韓国・中国の過重労働と過労死(通訳あり) 司会:長井偉訓(愛媛大学名誉教授)
ガン・スドル 高麗大学校教授
「韓国における過労死の社会経済的背景」
張智勇(チャン・ツィヨン) 武漢科技大学教授
「幻のリラックス、女性教員の効果的時間配分政策、隠れた過度労働とプレッシャー感知」
卿涛(チン・タオ) 西南財経大学教授
「相対的搾取という視角からの過度労働と従業員の健康」
李中斌(リ・チュンビン) 福建農林大学教授
「過度労働従業員に対する正確な管理および評価規準研究」
王欣(ワン・シン) 首都経済貿易大学 大学院博士課程研究生
「中国過度労働問題研究の発展方向」

6月3日(日) 13時~16時 共通論題「過労死問題からみた“働き方改革”の諸問題
司会: 東海林 智(毎日新聞記者) 水野谷武志(北海学園大学教授)

上西充子 法政大学キャリアデザイン学部教授
「労働時間規制の強化と緩和、抱き合わせがもたらす弊害」
濱口桂一郎 労働政策研究・研修機構労働政策研究所長
「EUの労働時間法制とその含意」(仮題)
森岡孝二 関西大学名誉教授、過労死防止学会代表幹事
「36協定による労働時間規制の解除と時間外労働」

<北海学園大学 使用教室一覧>
6月2日午後 国際シンポジウム  3号館4階 41教室
休憩室 3号館4階 42番教室、 学会事務室・幹事会 3号館4階 42番教室

6月3日午前 分科会
第1分科会-D101番教室、第2分科会-D102番教室、第3分科会-D103番教室
第4分科会-D401番教室、第5分科会-D402番教室、第6分科会-D404番教室

6月3日午後 共通論題 7号館2階 D20番教室
休憩室 7号館4階D40番教室、 学会事務室・幹事会 7号館4階D41番教室

>>第4回大会出欠回答はこちら