過労死防止学会

Japan Society for Karoshi Research

過労死防止学会第6回大会(9月大会)開催のお知らせ

過労死防止学会会員の皆様へ

延期されていました過労死防止学会第6回大会(9月大会)は、次のように開催されることとなりました。

・第6回大会は、9月19 日の一日のみのプログラムで開催いたします
・プログラムは特別シンポジウムと共通論題とし、分科会は開催しません
・会場への参加者は、幹事、発表者に限定し30名以内とし、懇親会は行いません
・当日 参加できない会員には、Zoomを利用しオンラインで大会を視聴できるようにいたします・
・本年度は『大会報告要旨集』の発行を大会終了後とし、特別シンポジウム・共通論題、および予定していた 分科会報告も含めて、全てを『大会報告要旨 集』に掲載し、 また学会ホームページにも掲載いたします

以上、お知らせいたします。
2020年7月18日
過労死防止学会代表幹事 黒田兼一

過労死防止学会第6回(9月大会)大会プログラム

・場所: 安保ホール5階501AB室 〒450-0002 名古屋市中村区名駅3-15-9 ※安保ホールの地図を参照
・日程:2020年9月19日(土)
・大会テーマ:
過労死等防止法制定から6年―― 果たして過労死•過労自殺は減少したのか ――

本年は過労死等防止対策推進法施行後6年目の年にあたり、私たちの学会と、行政、過労死等防止対策推進センター、過労死弁護団、遺族の会等の活動がどのような成果を生んだのか、長時間労働と過労死をめぐる特徴がどのように変化してきたのか、また望まれるものは何かを検討します。特に、近年の増加傾向にある若年者の過労自殺、ハラスメント防止法制定の意義と問題点にも焦点を充てて、今後の課題を検討します。

・プログラム
12:30~  開場

13:00~14:50 特別シンポジウム
座長:黒田兼一、松丸 正
テーマ「過労死等防止法制定から丸6年、果たして過労死・過労自殺は減少したのか」
1)「国際労働基準にみる日本の過労死過労自殺(自死)の問題と課題」(仮題):佐々木昭三(いのちと健康全国センター、社会医学研究センター)
2)「電通事件とその後」(仮題):川人 博(川人博法律事務所 過労死弁護団)
3)「若者たちの自殺予防について」(仮題):粥川裕平(かゆかわクリニック院長)

14:50~15:10  休憩
15:10~17:25 共通論題
座長:岩城 穣、粥川裕平
テーマ「過労死等防止法制定から丸6年、ハラスメント自殺事例とその対策」
1)「ハラスメントによる自殺事例の裁判闘争」(仮題):水野幹男(水野幹男法律事務所)
2)「ハラスメントによる精神障害」(仮題):天笠 崇(精神科医)
3)「ハラスメントで愛する人を失った遺族の思い」(仮題):伊佐間佳子(過労死家族の会)
4)「ハラスメント防止法成立の経緯と今後の課題」(仮題):内藤 忍(労働政策研究・研修機構)

※予定しておりました分科会と記念講演等は、中止とさせていただきました 資料:5月予定していたプログラム

※会員の方は、別ページの「会員限定:過労死防止学会第6回大会(9月大会)開催の詳細について」(パスワード必要)をご覧ください(会員の皆様へ:パスワードについては、事務局までお問い合わせください)