過労死防止学会

Japan Society for Karoshi Research

過労死防止学会第4回大会 開催要綱と報告募集 

去る1月20日に開催された過労死防止学会幹事会で、本年6月2日(土)~3日(日)に北海学園大学で開催される第4回大会の開催要綱が承認されました。

つきましては、会員のみなさんから分科会報告を募集しますのでふるってご応募ください。報告希望者は2月28日まで、「過労死防止学会第4回大会報告申し込み」という件名をつけて、分科会名と報告タイトルを過労死防止学会事務局<info@jskr.net>宛てに送信してください。報告タイトルには簡単な解題(100字~200字程度)を添えていただけると助かります。

なお、人数枠、分野等を調整のうえ、ご報告いただける場合は、4月30日までに報告要旨(A4で2~4頁)をご提出くださるよう、あらためて大会本部または学会事務局からお願いします。

確定したプログラムやアクセス情報を含む大会案内については、3月下旬に会費請求書類と合わせて学会事務局から郵送します。

 

報告を募集する分科会は以下の6つです。

第1分科会 建設

第2分科会 医療(看護を含む)

第3分科会 教員

第4分科会 自由論題1(報告募集後、共通のタイトルを付ける)

第5分科会 自由論題2(報告募集後、共通のタイトルを付ける)

第6分科会 中国・韓国からの参加者の報告

 

4回大会開催要項

第1日 6月2日(土) 

13時~17時 特設シンポジウム「日中韓・過労死防止国際シンポジウム」(通訳あり)

<予定報告者>

中国:楊河清氏(首都経済貿易大学教授、中国適度労働学会会長)

韓国:任祥赫(イム・サンヒョク)氏(医師、労働環境健康研究所所長)

日本:松丸正氏(弁護士、過労死弁護団全国連絡会議代表幹事)

17時10分~18時 会員総会

18時30分~20時 懇親会(サッポロビール園?)

 

第2日 6月3日(日)

9時~12時 分科会(全体で6分科会を設ける)

3つの分科会はテーマ(建設/医療/教育)を指定して報告者を募集。

2つの分科会は自由論題で募集し、応募テーマに応じてタイトルを付ける。

1つの分科会は中国および韓国からの参加者による報告(通訳あり)。

 

13時~16時 共通論題「過労死問題からみた“働き方改革”の諸問題」

<予定報告者>

濱口桂一郎氏(労働政策研究・研修機構労働政策研究所長)

上西充子氏(法政大学キャリアデザイン学部教授)

森岡孝二氏(関西大学名誉教授、過労死防止学会代表幹事)